穀菜食で健康と幸福を

分析化学より基本科学重視

FrontPage

   分析化学より基本科学重視

 医学が進歩して長寿になったと伝えていますが、確かに診断技術、医療器具の進歩は進んでいますが、平均寿命と健康寿命の差が男性は10才、女性は13才近く差があります。その上医療費が国家予算の1/3を超え国民は総半病人です。
 認知症、寝たきりの人がこれ以上増えると働き手の若い人の負担が大きくなりすぎ働く意欲がなくなります。
 また、がん、生活習慣病、人工透析を受ける人も右肩上がりで子供の体が硬く、子供とか若年者の腰痛、ケガ、骨折、生活習慣病、発達障害、多動児などが多くなっています。体が硬いのは毛細血管に動脈硬化が進み深部筋肉、腱、靱帯が硬く老化が進んでいる証拠です。これでは若くして働けない人が増加し、数十年後には平均寿命、特に健康寿命が大幅に下がります。

〇 分析化学より基本科学、食事の変遷と病気の推移を比較することが大切
・ウイルス、細菌、がん細胞は酸素を嫌うと科学者が発表しています。
 真っ赤でキレイな血液を作り酸素を全身に運べばウイルスなどは繁殖出来ません。全てのウイルス、細菌による感染症の予防になります。
 要するにどぶ川ではボウフラが繁殖しますが、清流にボウフラを放り込んでも繁殖しません。汚れた血液内でウイルス、細菌などが繁殖します。
 特に動物性食品、甘い物の酸化した老廃物がウイルス、細菌、がん細胞、悪玉菌のエサになります。
 ワクチンを作る培養液には有精卵、肉汁、牛乳、果汁、砂糖、バターなどを入れます。従って、それらを食べなければウイルス、細菌が体内に侵入しても繁殖しないため発症もしません。

 平和で食料が豊富な時代に感染症の多くが大流行しました。その証拠は、今回豪華客船クルーザーで美食飽食の旅を楽しんだ後、爆発的に新型コロナウイルスの感染が広がりました。それでも感染した人は20%です。
 もし、栄養不足で免疫力が下がって発症するとなれば、戦時中など極端な食料不足の時には毎年インフルエンザなど感染症が大流行します。
 1日1回はお腹を空かせること。お腹が空いていないときは、前に食べた栄養物がまだ残っているのです。良い食べ物でも残った栄養物は老廃物となり血液を汚します。量は質を替えます。
・デンプンの糖と砂糖の糖との違い。
 デンプンの糖はエネルギーだけでなく細胞になり電気を通します。
 砂糖の糖はエネルギーになるが、砂糖水は血液を弛め溶かし電気を通さない。不導体。甘党の人は神経反射が悪くなります。
 人類は長い間米、麦、芋、雑穀などデンプンを中心に食べてきました。
 肉など動物性食品を多く食べるようになったのは欧米でも百数十年前以降、日本は昭和30年以降、それ以降感染症、熱中症、生活習慣病が急増しました。
・糖質制限、グルテンフリーは矛盾
 肉卵など動物性食品を摂り過ぎた人が一時的に行うのは良い。
 但し、動物性食品もカットし野菜、海草、酸味のある果物、豆腐などで動物性食品の老廃物を中和し排泄する。穀類を食べられる体にすることが大切。
 新型コロナウイルスの感染者、死亡者が多いのは動物性食品や脂っこい食べ物、甘い物、アルコールを多く食べているアメリカ、イタリア、スペイン、イギリス、中国などで、しかも大都会で多くなっていますす。
・調味料の塩と動物性タンパク中の塩気の違い。
 調味料の塩では血圧はそれ程上げない。動物性蛋白中の塩で上げます。
 昭和30年以前の高血圧患者は50歳前後以降。
 動物性食品が戦前の10倍になった現在若年者にも高血圧、心臓病が多い。
 欧米の塩5gより、10g摂っていた日本人が勤勉で良く働き長寿はナゼか。
 肉食動物は比較的短命で、草食動物は長寿です。

・植物性食品中のカルシウムと動物性食品中のカルシウムの違い。
 昭和30年以前には子供の骨折は少なく、現在は骨折が大幅に増えています。
・牛乳の乳糖は、人間の腸では消化できにくい。特に東洋人。
 戦前の27倍飲んでいるにも関わらず骨粗鬆症、骨折がナゼ増えている?
・痩せすぎ(貧血型)と引き締まり過ぎ(筋骨型)の違い。
 マラソン、トライアスロンは引き締まった人に多い。貧血の人は走れない。
・西洋栄養学の必要栄養量は正しいか。
 体質、吸収率の違いを考慮していない。
 西洋医学者は、食べた物がすべて消化吸収していると考えています。しかし、消化吸収率は人により異なります。
 西洋栄養学で勧めている栄養が本当に必要であるとすれば、日本民族は戦前で滅びています。現在80才以上の人は食糧不足時に生まれ育った人です。
・日本人に最適な酵素は、味噌、醤油、タクアン、梅干し、ぬか漬け。
 ヨーグルトでは善玉菌は増えにくい。
・体力(スタミナ)とは、瞬発力ではなく持久力です。
 動物性食品は瞬発力を高めますが、肉食動物は平均的に短命です。
 穀類の澱粉は持久力、忍耐力、根気を高めます。草食動物は平均的に長命。

                 愛知食養村 伊藤 誠

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional