穀菜食で健康と幸福を

穀菜食とは

穀菜食の基本

              穀菜食とは

 ◎ 穀菜食とは

 ・身土不二 :気候風土に合わせ、原則として国内産の食物を食べる生活法です。
 ・一物全体食:原則としてアクを抜かず、皮をむかずに調理して食べます。
 ・調理による陽性化:陰性な植物性食品を塩、油、火を使い調理し、陽性化して食べます。
 ・宇宙法則(東洋哲学の陰陽理論)に従い、人として食べるべき食物を食べます。
   赤い血を持つ人間は、赤い血を持つ動物を食べない。陽性と陽性は反発します。
   体質、症状に合わせた食生活を実践する。

 玄米は、穀類の中でも一番中庸だから玄米を食べるのが理想です。しかし、体質によってはうどん、そうめん、ひやむぎ、スパゲティー、マカロニ、お好み焼き、天然酵母パン等の麦製品が必要な人もあります。
 玄米が美味しく、しかも体調が良い人は中庸に近い体質です。美味しくても、玄米を食べることにより体が重くなったり、筋肉が硬直し背中、腰等の痛みが出る人、夜中にトイレに起きる人は麦製品とか白い野菜が必要です。時としては豆腐、じゃがいも、香辛料等が必要なこともあります。
 穀菜食の実践が長く、お小水の回数が3~4回で便秘の人は、陽性過多の便秘です。このような人は、玄米を少なくし、うどん等の麦製品を多くしたり、白い野菜を多く摂ります。
 陰性体質の人は、日本そば、きび、あわ、ひえ等を食べて下さい。但し、中庸が健康であり、陽性過多も異常です。特に夜中に痛みが出たり、熱の出る人、夜トイレに起きたりする人は陽性過多だから日本そば等は必要ありません。嗜好品として時々摂ることはかまいません。

 ◎ 穀菜食の目的

 ・心身共に健康になり、自由で幸福な人生を送るための生活法です。
   肉体が健康なら心も健全。健全な肉体に健全な精神が宿ります。
   心身共健康なら長寿も可能です。
   動物性食品過多になると精神病、肉腫、高血圧、痛風、リューマチ等の陽性病になります。
   陰性食品(砂糖の入った食品、果物、果汁、生野菜、青汁、酢の物、香辛料など)過多になる  と脳軟化、拡張型心筋症、ガン、ノイローゼ、水虫等陰性病になります。

 ◎ 健康の目安(中庸で健康な人)

 1,1日にお小水は3~4回、50才以上は4~5回、夜間トイレに起きない。
   朝起きた時は透明でビール色、泡が立たない。
 1,大便は1日1回、黄色か、うす茶色でバナナのような太くて長い便。
 1,脈拍は60~70程度。
 1,女性の生理は28~30日周期、4~5日間で終わる。色は紅色。
 1,5分以内に熟睡し、朝、予定の時刻にパット目が褪め、睡眠時間は5~6時間。
 1,普段、慣れた仕事をしている程度では疲れない。脈拍は60~70程度。

  この条件を常日頃満たしている人は中庸に近いと言えます。中庸を維持出来ていない人は無双原 理を理解すると共に正しく食養を実践しないと達成は困難です。この条件に近づけるように自分自 身の体質、症状の陰陽を見極めて食養を実践することが大切です
  上記の条件を満たしている人は、農薬、化学肥料、食品添加物の使われていない食品を使い、  主食3に対して、よく煮締めた副食は1、野菜炒めとかテンプラのような短時間で調理した副食は 2分の1から同量迄で、腹八分の食生活であれば重病にはかかりません。

  たとえ動物性食品を食べるにしても副食の中の3分の1程度で1ヶ月に1~2回程度であれば大 きな病気はありません。
  但し、動物性食品は必要ありません。特に頭脳労働で勝負したい人は食べないこと。
  病気で食養生中の人は厳禁です。

 ◎ 人間は穀菜食動物

 歯の形から見ると穀類を中心に少しの野菜、海藻を食べるのに適している。
  臼歯 20本 穀類をすりつぶすのに適している。
  門歯  8本 草を切るのに向いている。
  犬歯  4本 肉、果物をかじるのに適している。
 口の中の唾液はデンプンを消化するアミラーゼを多く含む。

 ◎ 玄米の効用(玄米は生きている)

 玄米はナゼ体に良いかと言えば次の通りです。
1.生きている。生命力がある。
  玄米は蒔けば芽が出て根、茎、葉が出て最後に実がなる。
1.最高の一物全体食である。
  玄米を食べれば根、茎、葉のすべてを食べることになる。
  米偏に康と書くと糠。米偏に白と書くと粕です。
1.必須アミノ酸を多く含んでいる。
  不足するアミノ酸は胡麻の中に含まれている。だから玄米ごはんに胡麻塩をかける。
1.デンプンだけでなくタンパク質、脂肪、ミネラル、繊維も多く含み栄養のバランスが、
  人間に合っている。だから、玄米を食べていればおかずは少なくても大丈夫。
1.化学物質を吸収するフィチン酸が外皮に含まれている。
  白米にはこれが含まれていない。
1.外皮(繊維が多い)が腸を刺激して通じが良くなるから便秘が解消する。
  白米には繊維がないから腸の動きが悪くなり便秘が多くなる。
 ・麦には必須アミノ酸のリジンが不足すす。
 ・白米も必須アミノ酸が不足です。
 ・澱粉は中庸に近い陽性です。

 ◎ 玄米を良く噛むこと

  澱粉は胃でほとんど消化されません。従って良く噛み唾液を充分に混ぜ、アミラーゼにより澱粉 を葡萄糖に変えることが大事です。少なくとも病気を治す時には1口毎に箸を下に置き100回以 上噛むこと。良く噛むことにより澱粉が赤い血液になります。
  穀類を良く噛まずに食べると消化不充分で食べた物が発酵しガスが出来、血液を酸化させ、すべ ての病気につながります。
  良く噛めば唾液が充分に混ざり少食で満腹感が得られます。大食の人は良く噛んでいない証拠。
  血糖値が下がると空腹感を感じ、血糖値が上がると空腹感が治まり満足します。
  食事を始めて血糖値が上がり始めるまでには約15~20分を要します。だから早食いの人は満 腹を感じる前に食べ過ぎます。

 ◎ 咀嚼の効用

   食べ物を細かく砕く。
   唾液を出し、アミラーゼにより澱粉を消化します。
   若返りホルモンのバロチンを出す。
   脳の血液循環が良くなる。
   歯、歯茎を丈夫にする。
   殺菌作用。虫歯も予防する。
   食べ物を唾液でアルカリ化する。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional