穀菜食で健康と幸福を

蓄膿症(副鼻腔炎)

質問箱

     蓄膿症(副鼻腔炎)
                               伊藤 誠
 蓄膿症で20年以上苦しんでいます。玄米食で治ると聞きましたが本当に治りますか。30代女性からの相談。

 ○ 玄米1口300回噛む

Q.中学1年頃から絶えず鼻が詰まり、鼻をかんでもスグ詰まり授業中も落ち着 いて勉強をすることが出来ないこともありました。
A.私も高校時代から食養を始めるまで蓄膿と痔で苦しみました。
Q.それで、食養で治りましたか。
A.玄米を1日2回、1口に300回噛みました。すると蓄膿は3日目、痔は4 日目にスッキリしました。
Q.エッ、そんなに早く治りましたか。
A.陰性な病気は、おかずを少なくし、徹底して玄米を良く噛めば意外に早く治 ります。
Q.それにしても300回噛むと顎が疲れて痛くなりませんか。
A.1口に300回噛めば量的にはたくさん食べられないから顎が痛くなること はありませんでした。
  最近では、良く噛んでも100~150回です。あの当時は蓄膿を早く治し たいと言う気持が強かったし、若さもあったと思います。

 ○ 原因は陰性食品の摂りすぎ

Q.蓄膿症の原因は何ですか、
A.西洋医学では。「急性鼻炎とか風邪を引いた後に副鼻腔に炎症が起き、副鼻 腔の空洞に膿が溜まった状態」と言っています。
Q.ナゼ炎症が起きますか、
A.食養の立場では、皮膚がただれるのは甘い物など陰性食品の摂りすぎです。 黄色い膿が出るのは動物性蛋白の摂りすぎです。
Q.甘い物には果物も入りますか、
A.酸味のあるりんご、みかん、イチゴ、さくらんぼなどを少し食べる程度では 蓄膿にはなりません。
  私も先程話したように食養の7号食(穀物だけで副食なし)で簡単に蓄膿症 を治しましたが、1年後にイチジクを2~3個食べた翌日に再発しました。
Q.イチジクでナゼ再発しますか。
A.イチジクは酸味が無く甘いだけで、しかも、色が紫色、切口の白い汁が皮膚 につくと痒くなります。故に極陰です。
  酸味があれば細胞が萎縮します。しかし、甘い味は皮膚を弛めます。言い換 えれば皮膚のキメが荒くなります。

 ○ 好きな物を食べないこと

Q.慢性の蓄膿症でも治りますか。
A.急性であれば治りは早く、慢性は少し根気が必要です。それでも、正しく実 践すれば案外早く治ります。
Q.蓄膿症に効く食べ物はありますか。
A.この質問は良くありますが、病気に効く食べ物を探すより、今まで好んで食 べていた悪い食べ物を食べないことが病気を治す早道です。砂糖の入った食品、 果物、酢の物、ナス科植物、芋類、豆腐など。
  肉、卵、魚、乳製品など動物性食品も厳禁です。
Q.ニボシ、鰹節もダメですか。
A.動物性食品は一切食べないこと。
  正しい食べ物を正しく食べれば、ほとんどの病気、症状は消えます。

 ○ 少なくても50~100回噛む

Q.蓄膿症を治すには玄米を300回噛まないと治りませんか。
A.3~4日で治したければ噛んで下さい。急がば廻れと言います。1~2週間 で治すつもりなら50~100回噛めば良いでしょう。
  脱線さえしなければ大丈夫です。300回噛んでもチョコチョコ脱線したら 治りません。但し、良く噛むことにより脱線、大食を防止することにもつなが ります。
Q.それはナゼですか。
A.毎食良く噛んで食べ、毎日定期的に運動をすると、「せっかく努力している にもかかわらず脱線して後退してはもったいない」と言う気持になります。
  そのような心境になれば早く治ります。
  基本食のおかずは主食の1/3程度、緑黄野菜などのように短時間で調理し たおかずは1/2程度にして下さい。病気が治れば同量程度でも良いでしょう。
Q.少飲少食で良く噛むとナゼ早く治りますか。
A.澱粉の消化酵素は胃の中にはほとんどありません。唾液の中のアミラーゼが 玄米を消化させます。だから、良く噛んで唾液を充分に混ぜると澱粉が消化さ れます。少食で充分に消化するとキレイで濃い血液が出来、末端の組織細胞の 老廃物、古塩、古い細胞を押し出し、新しい細胞が作られます。
  正しい細胞が出来れば炎症は当然消滅します。
  良い食べ物でも必要以上に食べると消化できず、未消化の食べ物が血液を汚 し、すべての病気の源になります。量は質を変えます。
Q.今までは、ほとんど噛まずに流し込んで大食をしていました。
A.間違った食事で、しかも噛まずに大食したら病気になるのは当然です。
  血液中の血糖値が下がると、脳の食欲中枢が刺激を受け食欲が出ます。反対 に血糖値が上がると食欲は押さえられます。
  血糖値が上がるまでに15~20分程度の時間を要します。それだけに食欲 を落とすには良く噛んで15~20分をかけて食事をすることが大切です。
Q.頭が重く、目の奥が痛いのも取れますか。
A.キレイな濃い血液になれば、炎症が治り、膿も掃除されるから自然に頭痛、 頭重、目の奥が痛いのも退散してくれます。
  鼻水、膿は徐々に色が濃くなり止まります。当然集中力も戻ってきます。
Q.生姜湯シップなどの手当は必要ですか。
A.私は、穀菜食だけで治しました。鼻翼に生姜湯シップ、里芋パスターを貼れ ば治りは早いが、蓄膿症程度の病気であれば手当法は無しでも早く治ります。
                                おわり

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional